Gスポットを男性器で刺激する体位とコツとは?

挿入中に男性器でGスポットを刺激する性行為の体位とスキル

Gスポットをあえて刺激すると言えば、なんとなく指で手マンをして責めるような感じですが
なんだかんだで挿入中に男性器でGスポットを刺激することも可能です。

自然に男性器がGスポットに当たるという感じですね。

指でも男性器でも同じGスポットイキですが、指で刺激して絶頂するよりも、女の子からすれば一つになって愛し合っている最中に男性器で刺激されてオーガズムに達したほうが、快感度や満足度が全然違いますからね。

というわけで今日は、本番性行為の挿入中に男性器でGスポットを責めるような性交体位とちょっとしたコツやスキルをお伝えしようと思います。

寝バック

普通のバックでもGスポットを刺激することは出来ますが、寝バックのほうがGスポットを責める分にはおすすめです。

下記画像のように女の子が足を伸ばしたままをうつ伏せにさせて、おしりの上にまたがるように男性器を挿入する体位となります。

この体位ではちょうど亀頭の先端や亀頭の下側(尿道がある部分)がGスポットに当たるような形になります。

この体位のいいところは女の子にも男性にも負担が少ないところです。

また男性器も根本まで深くは入らないので男性器への刺激も少なく、早漏男性でもこの体位を行うことで、本番中にも女の子をオーガズムを感じさせるだけの持続力を保つことは出来るだろう。

女の子の身長があまりにも小さくて体格差が出てしまう場合は、やりづらい体位でもあります。

正常位でGスポットを刺激する

性行為のスタンダード体位である正常位でGスポットを刺激することが可能です。

とはいえ、普通に女の子の足を開脚させて男性器を挿入するのではなく、上記の画像のように、女の子の腰に手を回し、腰を浮かせて女の子の脚の間に入り込むような形で正常位を行います。

こうすることで、ちょうど男性器の上側がGスポットを擦るような形になるからです。

けれど欠点として、この体勢は女の子にとっては負担の多い体位になります。

ヘタすれば腰を傷めさせる危険性もありますのである程度には女の子のボディに負担の少ないような体位で性行為をし、
だんだん女の子がイキそうになってきた感じになってきてから、きっちりイカセてやるつもりでこの正常位に移行するようにしてみましょう。

 

対面座位

ぜひとも好きな女の子と性行為するときにはこのたいいをやりたく、男にも女にも人気の高い、
お互いを抱きしめ合うような形になる対面座位でもGスポットを男性器で刺激することが可能です。

とはいえこの体位を普通にしていても、なかなか男性器でGスポットを刺激することは
少々難しいかもしれません。

 

この対面座位でGスポットを刺激するコツとしては、女の子を抱える角度や自分の腰のポジションを調整したりすることです。

図のように女の子を後ろに倒したり前に抱きかかえる角度を調整したり、自分の腰の座る角度を微調整しましょう。

けれど、Gスポットに男性器は当たるっちゃ当たるのですが、ぶっちゃけこの対面座位で女の子をオーガズムを感じさせるのは少々難しかったりもしちゃいます。

というのも、この対面座位で女の子がイキそうになるとどうしても抱きついてきてしまうので角度の維持が難しかったりもするんですよね。

なので、この対面座位はGスポットを刺激することもできるけれど、そのままGスポットでイかせることを無理に狙わなくてもよいだろう。

男性器でGスポットを刺激するスキル

男性器でGスポットをスポットを刺激するスキルは何も体位を工夫するだけではなくもっとストレートなテクニックもあります。

それは自分の男性器を手で操作して、ストレートにGスポットに当てるテクニックです。

正常位などをするような感じで男性器を少しだけ挿入し、Gスポットに亀頭を当てたら自分の男性器を横にフリフリするようにして亀頭でGスポットを刺激したり、上下に動かして亀頭で叩くようにしてみてもよいだろう。

こうやって文章で描くと馬鹿っぽいし、実際にそれをやっている自分を想像してみると、それはそれでなにをやっているんだかという気分にもなっちゃいますが、これはこれで、ピストン運動では得ることの出来無い気持ちよさがあるそうですので
ある程度性行為で関係を築いているセフレなどの女の子にお試しあれです。

Gスポットスポットを始めとした女性の膣内のすべての箇所でイカせてあげたいという方は、以下の教材をご参考にしてください。

中イキの教典!【膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ】の内容をレビュー(特典付き)□正しい中イキのさせかた

2018.05.22

女性の膣内を完全掌握することで、セックス上級者の仲間入りを果たすことでしょう。


アフィリエイト