女性関係を思い通りに上手くいかせようと思ったら、相手に負担をかけさせないことである。

女性関係を思い通りに上手くいかせようと思ったら、相手に負担をかけさせないことである。

好きな女性や狙った女性を落としたい。

セフレや彼女など、女性関係を自分の思い通りにいかせたいのであれば、少なくとも女性に「心理的な負担」を欠けさせてはいけません。

つまり、面倒くさいことを考えさせてはいけないのです。

まずは「期待しないこと」「望まないこと」

とくに、知り合って間もない関係であるのであれば、少なくともその女性に多くは望まないこと、期待しないことです。

やはり、人間は気になる人が自分の思い通りに動いてくれなかったり、その人にはこうあってほしいのに自分の理想と違うと、ついストレスが溜まって小言を言ってしまうこともあります。

関係が薄い状態でそういう小言を言うと女性はストレスを感じ「あの人なんなの?」というマイナスの感情を抱いてしまいます。

男性側はその女性といい関係になりたいという思いがあるので、どうしても自分の都合や願いをその女性に押し付けようとしてしまいます。

しかし女性にとってすれば特別好きでもない男性からのそういう押し付けなどは、本当にストレスでしか無いわけですし、一応は関係を崩さないためにも笑顔は作ってくれるはずですが、その頭のなかではどうしようかと考えているわけなので結局はストレスを抱えてしまいます。

本当に好きな女性、狙っている女性を落とそうと思っているのであれば、初期段階ではそういった自分の願望は押し殺し、彼女の自由を尊重してやるべしなのです。

 

考えてやることが大事である

彼女の自由を尊重しつつ、自分と彼女にとって居心地のいいコミュニケーションや距離のとり方をするには、彼女の考え方や性格、ライフスタイルなどを参考にしっかりとあなたの頭を使って考えてあげるべしなのです。

彼女が自分といることで居心地良く安心してくれるには、どんな行動を取ればいいのか、どんな言動をすればいいのかしっかりと彼女を観察し、考えてあげるのです。

そうすれば、彼女は自然とあなたと一緒に居ることに居心地の良さを覚えるはずです。

1人の女性に執着・依存はしてはいけない

本当に好きな女性や狙った女性を落とそうと思っているのであれば、その女性だけに絶対に執着はしてはいけません。

好きでもない男に執着されることは、女性にとっては最上級のストレスです。

一人の女性に執着してしまうと、どうしても重いメールを送ってしまいがちいなりますし、要求も重いものになりますからね。

そこで女性が「どう相手すれば大人しく引っ込んでくれるんだろう」ということを考えてしまったりすることが、ストレスの原因となるのです。

そのためには、言葉こそ悪いですが、他にもキープの女性やいつでもセックスが出来るセフレなどを1人は確保しておくのが望ましいともいえます。

というのは、やはり心に余裕が出るからです。
そして、その女性に対する執着心が無くなるからです。

執着心がなくなり余裕が出ると、もっとその女性がどうすれば居心地よくしてくれるのか、そして自分という存在がどうすればその女性にとってプラスの存在でいられるのかを考えるようになれる。

小さなプラスを与えていくことで、その女性を本命の彼女へ

本気で好きな女性を手に入れるためには、その女性のことをしっかり観察し、考え、なるべく彼女にとっての負担を欠けないようにしてあげること。

その中で、あなたという存在が彼女にとってどうプラスであるべきかを考えていくことです。

実際にこの考えは、僕にとっては本命の彼女であろうがセフレであろうが、すべての女性に対してそういうスタンスを持て接しています。

この考え方は、楓涼さんの「黙示録」という恋愛教材で学び、身につけたことです。

気が狂いそうなぐらい、大好きな“あの女性”を、あなたに依存レベルで惚れさせて、彼女にする方法【黙示録】

2015.09.12

本当に好きな女性を手に入れるために、その女性に対してあなたはどんな言動、どんな行動を取ればいいのか?

そして狙った女性を落とすということは恋愛において一番難しいことであり、それがある程度出来るようになると、女性を自分の思い通りにコントロールするということいも通ずるのです。


アフィリエイト