女性はセックスに対して雰囲気を重視する!(ムード作りもセックステクニック)

セックスの雰囲気によって女性の感じ方も変わる

女の子を性行為でより絶頂させやすくするポイントとして
エッチをする場の雰囲気というものがあります。

女の子をイカセルのはなにもあなたの性行為のスキルだけではなく
こういった雰囲気作りなども大事な一つの要素なのです。

性行為の雰囲気によって女の子の感じ方は変わる

やっぱり女の子というものは男性と違って
エッチをするのに雰囲気というものをすごく重視し、
その雰囲気次第で性行為の満足度は大きく左右されることになります。

たとえば、M性の強い女の子の場合ですと
妖艶な雰囲気をつくりあげ、よりエロティックな雰囲気を
だすことによって興奮度が高まり、イキやすい状態になります。

初めてセックスする相手の場合や、どんなセックスが好きなのかまだわからない女の子の場合は
やっぱり優しい雰囲気を出したり、絵に書いた恋人同士のような純粋にいいムードを作ってあげるのが良いでしょう。

たとえこれで絶頂させてあげられなくとも、その性行為に対して不満は少なくなります。

女の子は脳で感じる生き物であると何度も言うように、このエッチをするときの雰囲気にも
その性行為における快感指数や満足度はすごく左右されるものです。

男性の場合は性行為における第一目的は性欲解消に当たる部分が大きいですが
女の子の場合は、セックスそのものに対してもロマンティックなものを好む傾向にあります。

当然ながら、乱雑な部屋でテレビをつけながらエッチをしても、
男性の場合は適当なところで精子を精子を射精は出来ますが、
女の子からすればその性行為に集中もできなければ、
イクことも難しくなりますし、当然満足もしませんからね。

いかにエッチをするときにいいムードや雰囲気を作り出すことが出来るのか。
これもひとつの大事な性行為のスキルです。

→ムードを出すスロー性行為のスキル

セックス時における照明の調整や演出

一番簡単なところでは、照明を完全に落とさないまでも、それなりに暗くしてあげましょう。
僕としては、明るいところで女の子のおっぱいやオマンコなどの裸体を
じっくりと眺めていたいところではありますがそれは女の子からすれば恥ずかしいものなので、
女の子を落ち着かせるためにも照明は暗くです。

ラブホテルなどは照明の調整である程度自由が効きますので、
なるべく寒色系の色は抑えて、暖色系の照明をほのかにつけるくらいが良いでしょう。

ベストなのは、キャンドルの灯りなどをつけることがいいですが
2回目の性行為でホテルに持ち込んだり、自宅でセックスするときにはあればいいですよね。
もちろん仏壇やお墓用のろうそくじゃダメですよ(笑)

他にも、お香やアロマなどもあれば使いたいところです。

 

女の子はリラックスしているとイキやすくなる

そして女の子がイきやすい状態の一つとして
「リラックスしている状態」というのが挙げられます。

貴方自身が女の子を上手にセックスでリードしてあげることで
女の子の心の中であなたへの信頼が増していき、リラックすることができます。
それゆえに、イキやすい状態へとなるわけです。

逆に考えれば、そわそわした童貞の男性が相手では女の子もリラックス出来ないので
なかなか逝くことは難しくなってしまうようです。
自信を持って彼女との性行為に挑むことが大事なのです。

女の子に対して自信を付ける方法

⇒セックステクを身につけたならネットでセフレを見つける方法を教えちゃいます!!


アフィリエイト